最近注目されているのがオルニチン

オルニチンというアミノ酸をご存じでしょうか。
BCAAなどと比べると知名度は高くありませんが、私たちの体にとって無くてはならない存在です。

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、たんぱく質の構成する成分ではありません。
では、どういう役割を持っているのでしょうか?

オルニチンの役割は多岐にわたりますが、その中でも注目されているのがアンモニアの解毒をうながす働きです。アンモニアは人間にとって有害な物質で、生命エネルギーであるATPの生成を邪魔する作用があります。そのため、アンモニアがうまく分解できないと、慢性的な疲労に悩まされることになります。とくにお酒を頻繁に飲む人は、体内のアンモニア量が増える傾向にあるので要注意です。

アンモニアはオルニチンサイクルという代謝経路で分解されますが、そこで活躍するのがオルニチンなのです。

オルニチンをうまく摂取するには

オルニチンはしじみに多く含まれていますが、しじみを毎日食べるのはけっこう大変なことです。オルニチンをうまく摂取しようと考えるなら、サプリメントを利用するのが第一の選択肢になると思います。

オルニチンのサプリはいろいろなメーカーが販売しています。協和発酵や永谷園といったメーカーがメジャーなところでしょうか。
ただ、コストパフォーマンスを考えた場合、海外メーカー(アメリカ)のものが非常に良いようです。「オルニチンサプリを比較してみました!」というサイトにオルニチンサプリの比較表が載っていましたが、日本のものと比べるとアメリカのサプリのコストは数分だそうです。

過剰摂取や副作用について

これまでの臨床試験によると、オルニチンを大量に継続摂取しても重大な副作用が起こることはないとされています。一日あたり5gくらいまでであれば問題ないようです。

ただ、摂りすぎると腹痛や下痢が起こることがあるので、お腹が弱い人は少し注意した方がいいかもしれません。

普通の食生活を送っている限り、オルニチンを5gも継続摂取することはありえないので、あまり神経質になる必要はありません。サプリメントを使用するときだけ、注意をすればOKと思います。

オルニチンに限った話ではないですが、サプリメントは継続して使ってこそ効果を発揮します。一度に大量に摂るのではなく、少量でも毎日摂るようにしていきたいところです。