ヒスチジン不足は成長障害につながる

このヒスチジンは、体内で合成することができるアミノ酸なのですが、子どもの時期は体内で合成することができないため、必須アミノ酸に分類されています。
子ども時期にヒスチジンが不足すると成長障害に繋がるなど、成長になくてはならないアミノ酸なのです。

ヒスチジンは成長促進や神経機能の補助、ストレスの軽減、関節炎の緩和だけでなく、シミやそばかす、皮膚がんの予防にも効果的です。また、ヒスチジンが体内で変化するヒスタミンは、交感神経を刺激し脂肪燃焼を促進したり食欲の抑制に効果がある為、ダイエットサプリとして紹介されていることがあります。

ヒスチジンはサバやカツオなどの青魚やマグロに多く含まれています。
成長に欠かせないヒスチジンですが、食品から摂取する場合、特にサバなどの青魚を食べる場合は鮮度に注意が必要です。ヒスタミンはアレルギー反応に関与しているのですが、鮮度の低い青魚にはこのヒスタミンが発生・蓄積されることがあり、それを食べてしまうと「アレルギー様食中毒」によって発疹や吐き気などを引き起こすことがあるのです。また、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を持っている人は過剰摂取しないように気をつけましょう。