髪の毛の主成分

髪のつやは、髪を美しく見せる大切な要素です。健康が損なわれてくると、髪の毛も痩せ細ってしまいつやが失われてきます。髪が健康的で美しいと、カラダの状態も良好に保てているという証拠です。

髪の毛の99パーセントは、“ケラチン”というタンパク質でできています。

ケラチンは18種類のアミノ酸の結合によって作られているタンパク質で、アミノ酸の配合が変わることで、毛髪・皮膚・爪などを構成しています。髪の毛の主成分であるアミノ酸を十分に摂取することで、健康な髪の毛を作ることができるのです。

髪の毛は、毛先が伸びているのではなく、頭皮より深部にある毛根部分から伸びています。毛根部分には毛母細胞があり、細胞分裂を繰り返し頭皮に向かって押し出されていきます。押し出された毛母細胞がケラチンを十分に蓄えて角質化していくことで、健康な髪の毛が伸びていきます。ケラチンが不足すると、痩せ細って不健康な髪が伸び、抜け毛の原因になります。

アミノ酸を十分に摂取することで、ケラチン不足を防ぐことができます。また、アミノ酸配合のシャンプーやトリートメントを利用することで、アミノ酸が毛母細胞に働きかけて強くしなやかな髪が生産されるのです。