アミノ酸は脂肪を燃焼させる

アミノ酸が人気商品となった背景の一つに「脂肪燃焼を促進する効果がある」ということが挙げられます。飲むことで脂肪燃焼するのであれば、ぜひとも活用したいものです。

数あるアミノ酸のなかで脂肪燃焼効果のあるものは、必須アミノ酸のリジン、非必須アミノ酸のプロリン、アラニン、アルギニンといわれています。

アミノ酸による脂肪燃焼効果のメカニズムは、摂取した脂肪燃焼系のアミノ酸や、アミノ酸から作られるからカルニチンという物質が、脂肪酸を細胞に取り入れて燃焼させる働きがあるためです。とくにカルニチンは脂肪燃焼に欠かせない物質です。カルニチンがなければ、脂肪はまったく燃焼できなくなります。カルニチンについては、カルニチンのことが分かる事典というサイトで詳しく述べられていますので、興味のある方は見てみるのもいいと思います。

しかし、残念ながらアミノ酸やカルニチンを飲んだだけで脂肪が燃えることはありません。

アミノ酸に脂肪燃焼を助ける効果があるのは確かですが、脂肪を燃えやすくしたところで実際にカラダを動かしてエネルギーを消費することが無ければ、分解された脂肪も再度合成し使われないまま脂肪として体内にとどまります。

このことは、カルニチンの場合でも同じです。結局のところ、消費エネルギー量を増やさないかぎりは、余計に脂肪が燃える!なんてことは起こらないわけです。

脂肪燃焼効果のあるサプリメントやペットボトル飲料など、脂肪を燃やす効果が謳われている商品が数多くありますが、それを飲んで運動することで初めて効果が現れてくるのです。逆に、運動をするのであればアミノ酸を摂取することで運動効果を高めることができますので、積極的に活用しましょう。

つまり、アミノ酸を飲んで痩せよう!というよりも、アミノ酸を飲むことで運動効率を上げて、その結果痩せよう!ということなのです。ちなみに、そのためにはアミノ酸を摂取するタイミングも重要になります。詳細はアミノ酸摂取のベストタイミングで書いていますので、こちらも参考にしてみて下さい。