お酒とアミノ酸

皆さんお酒は飲みますか?お酒を飲んでいる時は楽しくて良いのですが、辛いのは翌日の二日酔いですよね。この二日酔いにもアミノ酸は効果的です。

アルコールは主に肝臓で分解・代謝されるのですが、肝臓の分解能力を超えてしまうほどのお酒を飲んでしまうと、処理できなかったアルコールなどが血液中に入り、体内を巡ることで頭痛や吐き気を引き起こします。

アミノ酸には肝機能を改善するものがあります。特に「グルタミン」と「アラニン」というアミノ酸は大切です。これら2つのアミノ酸は、アルコールを分解した際にできる物質を使い、糖分を生成させることで、アルコールの代謝を促進させます。また、二日酔いの状態は肝臓の機能が低下してしまいエネルギー不足となるのですが、アミノ酸がエネルギーとして使われることで肝臓の働きを助けるのです。

研究では、食後にアミノ酸を摂取することで効果が得られるという結果が出ています。

アラニンはシジミやアサリ、グルタミンはチーズや昆布等に含まれていますので、お酒と一緒にこのような食品を摂取すると良いでしょう。

ちなみに、シジミにはアラニンの他にも肝機能を高める成分が入っています。それは「オルニチン」という成分です。お酒を飲むと、体内にアンモニアが発生するのですが、アンモニアは肝臓にダメージを与える物質です。オルニチンは、そのアンモニアの分解をうながす働きがあるため、肝臓に良い影響があるのです。

昔から、二日酔いの時はシジミのみそ汁が効く!と言われてきましたが、それもオルニチンがたくさん摂れるからなのかもしれません。オルニチンについては、最近注目されているのがオルニチンも参考にしてみてください。

お酒を毎日飲んでいる人や、一度にたくさんの量を飲むような日がある行事の際などは、お酒の後にサプリメントなどでアミノ酸を摂取すると、翌日が嘘のように快調に過ごせることでしょう。

追記:上記で述べたアラニン、グルタミン、オルニチンの他にも、アルコールの分解に欠かせないアミノ酸はたくさんあります。たとえば、システインやタウリンなどです。どれか一つのアミノ酸に頼るよりも、複数のアミノ酸をバランスよく摂るようにすると、アルコールもすみやかに体内から出て行ってくれるはずです。