アミノ酸摂取のベストタイミング

タンパク質を体内で吸収して使うには、アミノ酸の結合を一度分解してアミノ酸単体にする必要があり、タンパク質が大きければ(アミノ酸結合数が多ければ)それだけ消化に時間がかかり、吸収が遅くなります。

その点で、アミノ酸は既に分解された状態で摂取できるため、消化管に負担をかけずに素早く吸収することができます。

この吸収の速さが最も効果を発揮するのが、運動後やトレーニング後になります。

運動直後は成長ホルモンが分泌され、筋肉を作るために非常に重要な時間なのです。

このタイミングで筋肉の元となるタンパク質が体内に十分にあることが最も効果的なのですが、運動直後~30分後をピークに、1時間後となるとその効果は半分にまで落ち込んでしまいます。

運動効果を最大限高めるためには、30分以内にタンパク質を補給するのが望ましいのですが、タンパク質は分解・吸収まで1時間~2時間ほどかかります。そこで、吸収が早いアミノ酸が有効になります。アミノ酸は吸収まで30分程度と早いので、トレーニング直後に摂取するのがベストなタイミングとなります。

トレーニング効果を引き出すのなら、アミノ酸の摂取するタイミングをしっかり理解しておくことが大切です。